コンサルティング部門

福祉経営コンサルティング部門「Fuji Welfare Management」

これからの介護ビジネスをリードする経営のご提案

これまでの介護ビジネスは、「連続的・逐語的・機能的・分析的などの左脳的能力」が重要でした。今日ではモノの豊かな時代になったお陰で、重要性や価値が見直され、軽視されていた「創作力・共感・喜び・意義・統合などの右脳的能力」を重視する傾向が強まり、人生の意味への追求に価値観を見直されるようになりました。

介護ビジネスで要求される能力は、一枚の仕様書に書かれた一連の規則で足りるようなものではなく、創意、人間関係、体や心の奥から生まれる本能、直感という能力が必要な「コンセプトの時代」となったのです。

コンセプトの時代とは、何十年も富を追い求めてきましたが、今ではさほどお金に魅力を感じなくなってきている人々にとって「意義」こそが、新たな時代における財産なのです。

「価格と品質」という必要条件をいったんクリアしたら、機能面や価格面での勝負ではなく、言葉では表しにくい特性、かけがいのない人生の最終段階における「居場所の再構築=存在意義」で他と優劣を争うことになります。そんな中で勝ち残るためには、たゆまなく知識技術を革新すると共に、職員の人間形成となる教育を取り入れた新たなカテゴリーを創設し、それがなかったことすら気づいていなかったものをご提案していきます。

私共は「人は宝・人が経営を左右する」と一貫した現場主義の教育プロ集団であり、これからの時代をリードする経営のご提案をさせて頂きます。

1、新規開設向けコンサルティング業務

市場調査・事業計画・実施計画・実施の全業務や、クライアント様のニーズに合わせたサポートを行います。

2、既存施設向けコンサルティング業務

ブランド再構築から、既存施設問題点の抽出、改善までを計画的にサポートします。

実績

法人3社 経営指導及び講演

   

Copyright © 2009 富士福祉経営マネジメント株式会社 All rights reserved.